40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

布団の湿気取りなど梅雨時期の面倒臭くない除湿効果のある方法を紹介します

スポンサーリンク

スポンサーリンク

梅雨時期ってとにかくジメジメして嫌ですよね。

 

少しでも、このジメジメした梅雨時期を快適に過ごしたいですよね。

 

快適に過ごす為の対策をしたいんだけど、とにかく、毎日、家の事やら仕事やらで時間がない!

 

そんな忙しい人の為のジメジメ対策を紹介します!

f:id:xjohnny:20180629100843j:image

ジメジメ解決の鉄則は埃を取る!

 

梅雨時期は嫌なダニやカビ、そして、あのニオイをどうにかしたいですよね。

 

どうにかしたいとは思っているんだけど、面倒臭がりでしかも時間もないから…という人に簡単な対策を紹介。

 

まずらダニ、カビ、ニオイの原因は、湿度と埃。

 

埃の中には、ダニの好物の食べこぼし、フケ、垢などが混じっていて、ダニが繁殖しやすい環境になります。

 

その上、梅雨のジメジメが重なる事で、この埃が原因でカビ、ニオイも発生し、梅雨時期の嫌なトライアングルが出来てしまうんです。

 

だから、まずは埃を取る事が大切。

 

朝から、簡単クイックルワイパーなどで、しっかり部屋の隅の埃を取る事が大切。

 

 

なぜ、朝なのかというと、埃が床に落ちている時間が朝からだから。

 

しかも、意外と部屋の中心には、埃が少ないから、まずは隅々をサッと掃除をする。

 

 

湿度を取る為には

 

やはり、エアコンのドライか冷房で湿度を取るのが時間がない人にはピッタリ。

 

ただ、先程、言った通り、このダニ、カビ、ニオイの原因は埃。

 

だから、エアコンを使う前にフィルターを水洗いして清潔にしてから使う事が大切。

 

掃除せずに、そのまま使ってしまうと、空気中に埃と一緒にダニ、カビを撒き散らしてしまう悲惨な状況になってしまいますから、気をつけましょう!

 

フィルターもこまめに洗う事が大切です。

 

面倒臭いようですが、意外と簡単にブラシと水洗いで埃は取れます。

 

 

布団にはドライヤー

 

 

梅雨時期は、布団もなんだかシットリ…(笑)

 

だからといって、干す事も出来ない。

 

私はたまに、ランドリーに持って行って、30分から40分ぐらい乾燥で回します。

 

そしたら、ふっくらフワフワになりますよ。

 

ただ、ランドリーに持って行くのも面倒だという人は、布団にドライヤーを当てる。

 

すると、ダニは死んでしまいます。

 

その時は椅子などに布団をかけて、ドライヤーを当てるようにして下さい。

 

 

あまり当て過ぎたり、近づけ過ぎたりすると、焦げてしまったり、ドライヤーが壊れたりするので注意しましょう。

 

その後は、掃除機でしっかりとダニの死骸を吸い取って下さい。

 

 

また、椅子にかけて、部屋干しするだけでも若干湿度は取れます。

 

ただ、ドライは付けておくという前提で。

 

f:id:xjohnny:20180629100857j:image

ニオイとジメジメには重曹がいい!

 

 

重曹は湿度を吸収してくれます。

 

だから、盛り塩のように、小皿や紙袋などに重曹をいれて、部屋に置いておけば、消臭と除湿の効果が約3ヶ月程あります。

 

 

目安的には、重曹100グラムから200グラムぐらいです。

 

また、重曹小さじ1杯分を水200㎖で薄めて使うとファブリーズのようにソファなどに吹きかけると消臭効果があるそうですよ!

 

 

市販のスプレーも最近いいものがあります。

 

天日干しできない布団のノミ、ダニ駆除スプレー「ダニアース スプレー」など、簡単なので1度使ってみるのもあり!ですよ。

 

 

困った部屋のジメジメ対策

 

 

まずは埃を取り除く事が大切。

 

朝、埃が1番床に落ちている時に掃除をする事で効率的に埃を取り除ける。

 

エアコンを使う時は、簡単なブラシと水洗いで埃を落としてから使用する。

 

そうじゃないと、エアコンのフィルターについた埃やダニ、カビが空気中に撒き散らしてしまう。

 

布団もランドリーの乾燥機を使うとふっくらフワフワになる。

 

また、風を通してあげるだけでも、ジメジメは解消できる。

 

 

重曹は、除湿、消臭効果があるので、盛り塩みたいに部屋に置いておけば、効果がある。

 

梅雨の憂鬱なジメジメ時期を少しでも快適に過ごせるよう、時間がない人でも簡単にできる梅雨対策を紹介しました。