40代主婦のkokoのところ

リンパドレナージュの資格を取得した40代主婦kokoの綺麗になる方法から夫婦生活まで気になる事をブログにしてみた

40代女性の体の変化「疲れやすい」の原因と改善はズバリこれ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代になると体が怠く、何をするにも億劫で結局、何もしないまま時間だけが過ぎる…という更年期間近の40代女性によくある症状。

 

体が疲れてるから早めに寝たのに、朝スッキリ目覚める事が出来ない。

 

この40代女性の体の変化をどう乗り越え、楽になる方法をご紹介します。

f:id:xjohnny:20180501104844j:image

40代女性は疲れやすい環境にいる

 

加齢と共に体が衰え、疲れやすくなるのは、もう仕方のない事。

 

その上、家事や育児、又は仕事でも責任ある仕事を任される時期でもあります。

本当は疲れているどころどはないのです。

 

少しでも楽になる為には、何が原因で疲れやすくなっているのかをハッキリ自覚する事で、疲れにくい体にする事は出来ます。

 

40代、女性もまだまだ働き盛り、女盛り、楽しまないといけませんからね!

 

なぜ40代女性は疲れやすいのか?

 

若い時はそんなに疲れなかった体。

 

40代になるとなぜ疲れやすくなるのか…。

 

それには、ちゃんとした理由、原因がありました。

 

まずは原因を知り、それに合わせた改善方法をする事で「疲れ」を少しでも取り除きましょう。

 

1つ目は、女性ホルモン

 

女性ホルモンのバランスが30代後半から減少し、尚且つバランスが崩れてしまい、体に不調を与えてしまう事により疲労感を含め、イライラや火照りなどの症状が出てきます。

 

更年期障害には様々な症状があります、頭痛、ほてり、めまい、イライラ、気分の落ち込み、汗、疲労感、脱力感など

更年期障害の症状は個人差がかなりありますが

一般的な症状はこんな感じ。

 

自律神経の乱れ

 

この自律神経の乱れで結果的には、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのですが、今のストレス社会では避けては通れない「ストレス」。

 

このストレスや、日々の生活の乱れ、食生活の乱れで自律神経はすぐ崩れてしまいます。

 

この自律神経が崩れてしまうと、体が物凄く重くなり、体が怠く、ヤル気もなくなります。

 

 

睡眠

 

人は、7時間眠る事が大切だと言われてきましたが、睡眠は時間ではなく、「質」です。

 

どれだけ、深い眠りに入るか…しっかり脳や筋肉が休めるか…です。

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

どれだけ質の良い睡眠を取れたかで全く変わってきます。

 

この質の良い睡眠を取る事で、疲れは取れやすくなりますが、朝スッキリ目覚める事が出来ないのであれば、質の良い睡眠はとれていないです。

 

ずっと、疲れは蓄積されていきます。

 

また、自律神経の乱れがあると、なかなか質の良い睡眠を取る事は出来ません。

 

なので、規則正しい生活を送る事が大切です。

 

 

 

体が疲れやすくなると

 

体が疲れやすくなると、「疲れ」以外にも「貧血」や「めまいがする」という症状があります。

 

現に疲れやすいと言われる40代の3割が貧血だというデータもあります。

 

また、40代なるとら月経時に貧血になりやすくなる人も多いみたいです。

 

疲れやすくなる原因には加齢もある

 

40代、体力の衰えが原因で疲れやすくなっています。

 

つまり、「加齢」

 

こればっかりは、若返る事は不可能なので仕方ないのですが、少しでも、疲労感を軽くし、体が楽になる方法はあります。

 

加齢が原因の時の改善方法

 

40代にもなると、運動をする機会も少なくなり、体が硬くなってきます。

 

そうなると、疲労物をうまく体の中で処理できなくなり、怠さが出てきます。

 

体を適度に動かす、運動することが大切。

 

張り切って、バリバリの筋トレなどをしてしまうとかえって筋肉疲労が溜まるので、腹筋、スクワット、踏み台昇降運動が、いいと言われてます。

 

 

特に踏み台昇降運動は、筋肉を鍛えながら尚且つ有酸素運動も出来るのでオススメです。

 

また、筋肉はしなやか筋肉に鍛える事で、疲れにくい体になります。

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

また、ジンワリ汗をかく事が疲労感をなくすのに、凄くいいんです。

 

また、疲れやすい人は、背中や股関節が固い傾向があるので、その部分をほぐすストレッチも効果的。

 

 

肩甲骨、太ももの前、後ろ、ふくらはぎなどのストレッチもいいですよ。

 

 

 

 

 

サプリの力も借りる

 

また、最近ではいろんなサプリがあります。

 

このサプリの力をかりる事で、気持ちも楽になります。

 

 

ちなみに、疲れを取る栄養素として代表的なのは

 

ビタミンB群、クエン酸、にんにく、ビタミンEなど。

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

単体で摂取するのもいいですが、オススメは、にんにく卵黄というサプリ。

 

私は一時期半年飲んでましたが、飲んでる時は確かに体が軽かったです。

気持ちの問題もあるのかもしれませんが、朝はスッキリ目覚める事が出来てました。

 

今は、サプリの力を借りずに、軽く体を動かしたり、食生活にこだわっています。

 

 

 

また、このにんにく卵黄にはビタミンB群ビタミンEが入っていて、特にこのビタミンB群はにんにくと一緒に摂取する事で効果が10倍にも膨れ上がるんです。

 

 

 

また、黒酢にんにくというサプリも疲れを取るクエン酸がにんにくと一緒に入ってるので、オススメです。

 

 

疲れをとる改善方法

 

まずは、質の良い睡眠をとる事。

寝る前は、携帯やパソコンを見る事はやめて、お風呂も半身浴で寝る1時間前までにはすませましょう。

 

お布団に入る前に、軽くストレッチをして眠ると次の日の朝、ちょっと違いますよ。

 

 

朝日を浴びる

 

自律神経のバランスを整えるのに、朝、起きたら、しっかり朝日を浴びましょう。

 

また、朝、昼、晩、バランス良く食べ、晩御飯は、寝る3時間前までにはすませましょう。

 

 

ストレス発散も大切

 

うまく自分なりのストレス発散をする事で、疲れやすい体を改善する事が出来ます。

 

自分の趣味に没頭する時間を作ったり、カラオケで歌ったり、軽く運動したりなどして、発散しましょう。

 

疲れたからと、だらだら生活をしていると、ますます疲れやすくなり、悪循環になりますから気をつけましょう。