40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

生理前の胸の痛みが辛い!そんな辛い症状を軽くする方法がある!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

生理前になると、胸の痛みや胸の張りがひどくかなりの不快な症状が出てきます。

 

そのような生理前の不快な症状を経験したことがある女性も多いはず。

 

酷い人は、胸の痛み以外に、頭痛や腹痛、吐き気などのトラブルに見舞われる女性も少なくなく、仕事や家事が出来ないぐらい重症な女性もいます。

 

生理前はなぜ胸の痛みがひどくなる?

f:id:xjohnny:20181220100154j:image


生理前に胸の痛みがひどくなるのは、PMSの症状であり、原因として挙げられるのは、女性ホルモンの分泌量に変化です。

 

排卵してから生理が始まるまでの間、黄体期といって黄体ホルモン、つまり、プロゲステロンの分泌が盛んになります。

 

そのホルモンの影響で、乳房の中にある母乳の乳腺が発達するからです。

 

乳腺内の血管が黄体ホルモンであるプロゲステロンの増加により、血管が膨張されます。

 

プロゲステロンは女性の体を妊娠や出産に備えて変化させていきます。

出産後に母乳が出るように乳腺が発達するのです。

 

だから、ちょっと触れただけでも痛かったりします。

 

 

 

 

女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増える

 

乳腺の発達を促進するのが、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンですが、このホルモンは、排卵後から生理前までに分泌量が多く増えます。

 

 

 

 

 

このプロゲステロンは、妊娠や出産に備えた体づくりをする働きがあります。

 

その為、プロゲステロンの分泌は、生まれてきた赤ちゃんにおっぱいをあげる為の準備をする働きがあるので、胸が痛くなります。

 

 

一般的には生理が始まるとプロゲステロンの分泌量がおさまり、もう1つの女性ホルモンのエストロゲンの分泌が多くなる為に胸の痛みや張り、痛みが落ち着いてきます。

 

 

 

生理前の胸の痛みの解消法とは?

f:id:xjohnny:20181220100203j:image

生理前にプロゲステロンが分泌されるのは仕方のない事ですが、生理前の胸の痛みはどうにかしたいですよね?

 

胸の痛みを、解消するには、どのような方法があるのでしょうか。

 

 

まず、1つめの解消方法は胸の周辺を冷やさないようにする事。

 

 

その理由は、乳腺の組織の中には毛細血管がたくさんあるのですが、体が冷える事で血流が悪くなり、痛みを感じやすくなるんです。

 

 

胸の部分が大きくあいている服を着たりすると胸周辺が冷えてしまい、血流を悪くする原因になります。

 

生理前で胸の痛みがある時は、冷やさないよう上着を着るようにしましょう。

 

また、コーヒーやカフェインは体を冷やすという副作用があります。また、PMSの症状も酷くする可能性もありますから、生理前は控えるようにしましょう。

 

 

 


体を締め付けないことも大切

 

 

 

血流が悪くなるといえば、窮屈な下着などもよくありません。

 

これにより胸を圧迫してしまい、乳腺の血管まで血液が行きわたりにくくなります。

 

生理前だけ下着のサイズを変えたりして、ゆとりのある下着を選ぶ事が胸の痛みの軽減につながります。

 

または、ホックを1つ緩めるだけでも効果があります。

 

 

イソフラボンを摂取することで痛みが軽減する

 

イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があります。

特におすすめは豆乳です。

 

摂取することで胸の痛みの軽減する効果もありますし、豆乳を温めて飲むことにより、体を温まります。

 

また、イソフラボンはPMSの症状の軽減も期待できますから、辛い症状がある人にもおすすめです。

 

 

優しくマッサージをする

胸の痛みが酷い時は無理して行う必要はありませんが、胸をマッサージすることによって血行をよくし、痛みを軽減させる効果があります。

 

生理前の胸のマッサージはゴリゴリ揉むのではなく、擦る様に優しくマッサージをします。

 

鎖骨から胸にかけてリンパマッサージをしたり、優しく円を描くようにマッサージしけっこいうをよくしたりすると楽になるようです。

 

 

また、姿勢が悪いと、胸周りの血行が悪くなるので、日ごろから姿勢を正すことも意識する事が大切です。

 

 

生理前の胸の痛みを和らげるには?

 

排卵後から生理が始まるまでの間は女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増え、その影響で胸の乳腺が発達することによって痛みや張りが引き起こされます。

 

個人差はありますが、酷い人は何もしなくても痛かったり、少し触ったりするだけで痛いと言う方もいます。

 

この辛い生理前の胸の痛みを少しでも軽くする為の改善方法を実践し、生理前の辛いPMS、月経前症候群の症状を柔らかなげましょう。

 

1、体を冷やさないようにする。

 

2、PMS用のゆとりのある下着にし、体を締め付けないようにする。

 

3、イソフラボンを摂取することで、女性ホルモンのバランスを整える。

 

4、胸をマッサージして、血行を良くする。

 

これらを実践して少しでも快適に生理前を過ごしたいですね。

 

生理前でもないのに胸が張る

 

ただ、生理前でもなく妊娠もしていないのに、胸のハリがあるのであれば、病気の可能性もあります。

 

その可能性がある病気とは・・・?

胸全体が硬くなり鈍痛があり乳頭から東名の分泌液がでていると、乳腺症の疑いがあります。

 

胸の左右の大きさが違う、胸のへこみが気になる、乳首が陥没してきた、脇の下にしこりがあるなどの症状があるなれば乳がんの可能性があります。

 

生理前でもない時の胸の痛み、ハリに違和感を感じたら、産婦人科を早めに受診しましょう。