いくつになっても愛されたいズボラ主婦のダイエット

40代ズボラ主婦でも夫に愛される為の自分自身の改造計画

骨盤矯正は痩せる以外にも40代女性に嬉しいメリットばかり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

40代になるとなかなか痩せないのは、年齢のせいだろう…と思っている方。

 

確かに年齢を重ねると新陳代謝が下がり痩せにくくなるのは事実です。

 

また、他にも40代女性の痩せない原因はあります。

 

その原因を改善する事により、新陳代謝も上がり、確実に今より痩せやすい体になります。

 

痩せない原因は骨盤の歪み

 

 

骨盤が歪んでいない人はあまりいないと言われるぐらい、ほとんどの人が骨盤が歪んでいます。

 

この骨盤の歪みが痩せにくい体の原因の1つなんです。

 

 

なぜ、骨盤の歪みが痩せない体の原因になるのでしょうか?

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

 

骨盤の歪みで内臓の位置が下がる

f:id:xjohnny:20181002211722j:image

骨盤は内臓を支える重要な役割もあります。

 

その骨盤が歪んでしまうと、支えられていない為、内臓がもともとある位置より下がってしまいます。

 

その為、内臓が圧迫された状態になり、内臓の機能が低下してしまいます。

 

そうなると、結果的に、内臓に負担がかかってしまい、うまく消化できない状態になります。

 

つまり、消化不良を起こしてしまい、これがポッコリお腹の原因になります。

 

 

お腹が出ているから、ダイエットして凹ませようと思っても、骨盤が歪んでいると、内臓が元の位置に戻らないので、なかなかポッコリお腹がなくならないんです。

 

骨盤の歪みで筋肉のつき方が変になる

 

骨盤が歪んでいると、骨盤の周りの血液の流れ、リンパの流れが、悪化します。

 

つまり、血液の循環がうまく出来ない為、老廃物を排出する事が出来なくなってしまいます。

 

老廃物が溜まる、体の中に不要な物を溜め込んでしまいます。

 

そうなると、新陳代謝も下がってしまいます。

 

デトックスダイエットなどよくありますが、骨盤が歪んでいると、いくらデトックス効果のある食事や運動をしても、成果が出にくく、老廃物を溜めやすい体になって、痩せにくい状態になります。

 

 

ダイエット以外にも体の不調が起こる骨盤の歪み

 

 

骨盤が歪んでいる事でスムーズにダイエットがいかない事の他に、姿勢の悪さや体の不調が起こるようになります。

 

 

例えば、骨盤の歪みにより、骨盤の内側の血管が圧迫されると、血行不良により、女性に多い悩みの冷えや、肩こり、頭痛、腰痛などが起きます。

 

また、体のバランスも崩れてしまい、それを調整しようと姿勢が猫背になってしまいます。

 

骨盤が歪んで、広がっていると、股関節が外側に広がり、足の骨や関節も広がってしまい、O脚になります。

 

O脚になってしまうと、なかなか足は痩せにくい状態です。

 

なぜ骨盤は歪んでしまうのか

 

毎日の生活の中で骨盤は歪んでいきます。

 

例えば、横向きに寝る、重い布団をかぶっている、キツイ下着をつけている、長時間座りっぱなし、横座り、出産など原因は様々…。

 

この普段してる生活を見直す事も骨盤を歪ませない大切な事です。

 

 

 

 

 

骨盤の歪みを改善すると

 

勿論、内臓が元の位置に戻って、内臓が圧迫されず、負担もかからなくなり、骨盤の内側の血管も圧迫されず、血液循環が正常になりますから、血行不良もなくなり、新陳代謝も上がり、痩せやすい体になります。

 

また、骨盤の歪みで起きていた体の不調、肩こり、腰痛、冷え、頭痛も改善されます。

 

また、姿勢もよくなりますから、体重は変わっていないのに、痩せて見えたりします。

 

姿勢が良くなる事でバストアップの効果もありますし、疲れにくい体になるんです。

 

 

骨盤矯正ストレッチで骨盤を元の位置に

 

ここで、簡単な骨盤矯正ストレッチをご紹介します。

 

とにかく毎日続ける事が大切ですよ。

 

 

まずは、「腰まわし」

 

足は肩幅に開き、つま先はまっすぐ前を向きます。

 

そして、手は腰に当てて、少し腰を落とします。

 

お腹とお尻に力を入れて、

 

時計回りに30秒、反時計回りに30秒ゆっくり丁寧に回します。

 

1日約5分ほど、時間の合間を見つけて行うといいと思います。

 

腰回しを行うときに大切な事。

腰を回すときには、上半身を動かさないようにする。

 

おへそを中心に腰を回す感じ。

 

膝には力を入れないようにする。

 

また、空腹時に行うと骨盤矯正効果とダイエット効果も期待されるそうです。

 

 

 

 

 

 

次に、「骨盤ストレッチ」

 

足は肩幅に開き、つま先はまっすぐ前を向きます。

 

右手を腰辺りを押し、左方向に腰を骨盤に押し込むように押す。

 

逆も同じで、左右交互に10回を1日3セット行う。

 

時間の合間を見つけて、骨盤ストレッチをし、骨盤矯正して痩せやすい体にしましょう。