40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

見た目が若い40代女性になる為の大切な事はスキンケアだけじゃない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつまでも若々しく綺麗でいたいとお肌のケアを頑張ってるアラフォー女性の皆さん。

 

確かに日々のケアは何もしないよりかは、効果はあります。が、それよりも何よりも綺麗で若々しくいたいなら、お肌のケアとプラスしてある事をする事でより若々しく、より美しさを手に入れる方法があります。

 

それは内側からのケア。

 

しかも、血管です。

 

血管と聞くと美には全く関係ないように思えますが、実はかなり大切なんです。

 

 

血管年齢が若いと見た目も若く美しい

f:id:xjohnny:20190306105725j:image

最近、よく、テレビなどで耳にする「血管年齢」。

 

 

 

血管年齢が高くなると聞くと、血液がドロドロになって、血管が詰まり、脳梗塞などの大きな病気を発症するリスクが高くなる…と思っていませんか?

 

確かに、脳梗塞などの大きな病気にならない為の予防に血管の中の血液をサラサラにするというのも間違いではありません。

 

血管年齢を若くするのは、脳梗塞の予防に大切な事の1つです。

 

しかし、この血管年齢の若さを保つ事は、脳梗塞などの大きな病気の予防以外にも、実は、美容とも深い繋がりがあり、若さを保つには大切な事だとご存知ですか?

 

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

xsenna.hatenadiary.jp

 

血管年齢とは一体何?

 

 

まずは、血管年齢とは何か。

 

それは、血管の若さを測る指標の事になります。

 

人の血管は歳をとると、徐々に硬くなっていきます。すなわち、それが「老化」です。

 

見た目も年を重ねて、老化が進むと、肌のたるみやシワ、シミなどが出てきます。

 

血管だって同じです。

血管も歳を重ねると老化が進み、硬くなってしまいます。

 

また、血管の老化は、血液中の血糖値の上昇や活性酸素の影響なども大きく関わってきます。

 

見た目が若い人は血管年齢も若い

f:id:xjohnny:20190306105755j:image

年齢を聞いて、実年齢より若く見える女性っていますよね?

 

そんな方は、血管年齢も若い…また、実年齢よりも老けて見える方は血管年齢も高い…というデーターが、アンチエイジングの研究で発表されています。

 

 

つまり、この研究のデーターからも分かるように、血管年齢を若返らせる事が若さをキープする為にとても大切だと思ういう事がわかります。

 

血管年齢の若返りの為には?

 

若さをキープしたいのなら、血管年齢を若返らせる事。

 

それは分かったところで、次に、血管年齢を若返らせる為にはどのような事をするのか?何が大切なのか…という事が疑問ですよね。

 

まず、大切な事。

 

血管年齢の若返りのためには、血糖値の急激に上昇する食生活を送らない事です。

 

そして、活性酸素を除去してくれるような抗酸化作用のある成分を多めに摂取する事。

 

適度に運動して血糖値の上昇を防いだり、血行を良くすることで体内の代謝を促進させる事。

 

 

これらが、血管年齢を若返らせる為には有効だと言われています。

 

つまり、規則正しい食生活を送り、体を動かす事が大切だという事です。

 

血管年齢を老化させる糖質は控えめに

 

特に食生活で気をつけたい事は、糖質を摂り過ぎない事。

 

なぜなら、特に糖質を多く摂る食事をすることが、細胞が糖化し、血管を硬くしてしまうからです。

 

なので、普段から高血糖を防ぐための食生活をするのがオススメです。

 

高血糖を防ぐ食生活って正直面倒くさいと思っている方は、食事をする時にちょっとした事を気をつけるだけでも効果があります。

 

それは、

 

野菜→肉や魚→ご飯やパンなどの主食

 

といった順番で食べる事。

 

それだけで、急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来るんです。

 

また、この順番が、血管年齢の若返りのためにも大変効果があるんです。

 

食べる順番を変えるだけで、若々しさをキープ出来るなんて、女性からすれば、嬉しいですよね。

 

 

それから、若々しい血管年齢をキープするには、食物繊維を多く含む食品を沢山食べる事もオススメ。

 

また、ご飯は温かいものよりも、冷やしてから食べることでかなりの効果があるようです。

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

 

血管年齢を若返らせるのはクエン酸!ダイエット効果も期待できる!

f:id:xjohnny:20190306105741j:image

酸化は、人の体が老化する原因の1つ。

勿論、血管年齢の老化の原因にもなります。

 

なので、その酸化を防ぐ為に、抗酸化作用のある食品を摂取する事が、血管年齢などの老化防止につながります。

 

抗酸化作用のある成分を含んでいる食品は数多くあります。

 

簡単に手に入り、有名なのは、クエン酸を多く含むレモンなどの柑橘類です。

 

 

クエン酸とは一体何?老化防止にいいの?

 

と思われた方も多いはず。

 

そうです、クエン酸は老化防止にいいんです。

 

クエン酸とは、果物に含まれている酸味成分の事ですが、クエン酸が体内に摂取されると、細胞内のエネルギー回路を活性化するだけではなく、老廃物の除去や代謝の促進、活性酸素の除去などに貢献するんです。

 

つまり、クエン酸は、デトックス効果があり、代謝が上がる事で痩せやすくなり、疲れを除去してくれる優れ物なんです。

 

 

しかし、いくら優れ物だといっても、毎日このような果物を食べるのが大変です。

 

そんな時は、抗酸化作用のあるサプリメントなどを摂取するのが簡単ですし、何より続けやすいかもしれません。

 

青魚に含まれてるDHAは若返り効果以外にも優れた効果がある!

 

 

 

青魚に含まれて居るDHAなどの成分も、血液をさらさらにして血管年齢を下げるのに有効だと言われています。

 

青魚は焼いたりして食べるより、缶詰めを食べる方が丸ごと栄養が摂取できます。

 

それはなぜかというと、缶詰めは新鮮な青魚を素早く缶詰めにするので、ほぼ栄養が豊富なままなんです。

 

しかし、毎日、缶詰めというのも無理があります。やはり、DHAもなかなか、魚を毎日食べる訳ではないし、サバ缶などを毎日食べる訳ではないので、サプリメントなどで摂取するのがオススメです。

 

また、青魚の代表といえるサバには、ダイエット効果もあります。

 

しかもサバ缶です。

 

サバ缶を朝から食べると、なかなかお腹が空かない。

 

結果、食事の量も減る。

 

なので、空腹に負けて食べてしまってダイエットを失敗するという方は、サバ缶ダイエットオススメかもしれません。

 

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

ストレスが溜まると血管年齢も増加してしまう

 

現代社会はストレス社会。

 

このストレスが血管年齢を高くし、老化の原因にもなっています。

 

老化だけではなく、ストレスは心身の不調なども引き起こしてしまう厄介者です。

 

しかし、私達はストレスとはきってもきれない生活を送っているのも事実。

ストレスは、体内の活性酸素が増加します。

 

ならば、上手く、そのストレスを発散できるよう、自分なりのストレス発散方法を探す事が大切。

 

 

例えば、普段から適度に体を動かす。

 

カラオケで歌いまくる、好きな事に没頭する時間を作る、旅行に行く、好きものを食べるなど。

 

上手くストレス発散する事が若々しくいる秘訣です。

 

 

血管年齢が増加すると病気のリスクも上がる

 

血管年齢が増加すると、老化の原因になります。

 

が、それ以外にも、怖い事が起こる可能性があります。

 

血管年齢の増加が原因で、動脈硬化による脳梗塞脳卒中などのリスクが上昇してしまいます。

 

なので、血管年齢の若返らせる事は、老化防止の為でもありますが、恐ろしい病気の予防にもなります。

動脈硬化脳梗塞脳卒中などの病気のリスクを低減する為に、血管年齢の若さをキープしましょう。

 

 

食事や運動など、毎日のほんの小さな工夫で、血管年齢を若返らせることが出来ます。

 

若さと健康を保つ為には、血管年齢はとても大切なんですね。