40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

2018年長崎ハウステンボスの花火大会の渋滞状況とチケット価格

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長崎ハウステンボスは春、夏、秋、冬と各季節毎に大きな花火大会が行われます。

私も去年見に行きました。

 

そこで、行かなきゃ分からない事をまとめてみました。

 

 

今年の花火大会は7月21日

f:id:xjohnny:20180713202946j:image

2018年7月21日に行われるハウステンボスの夏1番花火大会。

 

今年も、コシノジュンコプロデュースのデザイン花火が上がります。

 

ハウステンボスのデザイン花火は音楽に合わせて、ダイナミックさと色鮮やかな美しさが物凄く綺麗な花火で、見てる人に感動を与えるステキな花火です。

 

 

ハウステンボスに行くなら昼前に着くようにする

 

 

ハウステンボスの花火は当然ながら夜に開催されます。

 

しかし、その時間に合わせて行こうとすると大変な事になります。

 

とにかく、渋滞が凄いんです。

 

私達は、去年、夕方から渋滞するのかと思い、渋滞を避ける為、15時にハウステンボスに着くように時間に余裕をもって、家を出た所、その時点で凄い渋滞に巻き込まれました。

 

15時時着の予定がハウステンボスに入ったのは、花火が始まるギリギリの18時半頃でした。

 

ハウステンボスの方に確認した所、昼過ぎぐらいから渋滞が始まったらしく、スムーズに入りたいなら、午前中にハウステンボスに入るようにした方が良いとの事。

 

小さい子を連れた家族連れは特に早目に出かけた方が無難です。

 

ハウステンボスの駐車場の予約

 

何年か前に行った時は駐車場の予約が出来たのですが、残念ながら、今は出来なくなっています。

 

ハウステンボスの第1駐車場と第2駐車場は、ハウステンボスに1番近い駐車場で、花火大会の時は料金が2000円、ハウステンボスまで徒歩で5分程。

 

 

ハウステンボス第3駐車場と第4駐車場はその次に近くて、料金は、1500円、ハウステンボスまで徒歩で5分から10程。

 

 

WINS臨時駐車場は、料金は1000円、ハウステンボスまで15分から20分程。

 

 

炎天下の中、特に小さい子供を連れて歩くのは大変なので、出来るだけ早めに行って、近い駐車場に停めると楽ですよ。

 

少し料金が高くなりますが…。

 

プールから花火が見れる

 

 

今年はロッテルダム会場にビーチが誕生し、プールから花火を見る事が出来るようになっています。

 

 

プールから見る場合のチケットは、前売り4000円当日4500円で販売されていますが、指定席ではないフリーエリアになります。

 

4500円も払ってごちゃごちゃプールの中で花火を見るのはどうかな?とは私は思います。

 

 

ハウステンボスVIP席

 

花火を見る席でVIP席が用意されていますが、2人掛けのふかふかソファーで料金が8万円です。

 

そのほか、いろいろ席があり、1番安くて当日1500円の席があります。

 

 

ハウステンボス花火大会の帰りの渋滞

 

1番大変なのが、花火大会終わって帰る時。

一斉に帰り出すので、かなり混雑します。

とにかく人だらけで歩くのが大変、小さい子供を連れていたら尚大変ですし、危ないです。

 

可能なら抱っこした方が暑くてキツイですが安全です。

 

駐車場まで行くのにかなり時間がかかりますが、ハウステンボスから高速に乗るまでに5時間私はかかりました。

 

この渋滞の対策は、花火を早めに切り上げて帰る他ありません。

ただ、それでも、帰り人はピーク程ではありませんが多いです。

 

後は、渋滞を覚悟する(笑)

 

ハウステンボスに入場せずに花火を見る

 

ハウステンボスのフリーゾーンなら入場料なし、花火の料金だけで花火を見る事ができます。

 

が、このフリーゾーンの駐車場はかなり狭く、違う駐車場に停めると物凄く歩く事になります。

 

こちらのチケットは、前売り2800円で、当日3000円になります。

 

 

最後に

 

ハウステンボスに来るのならば、長崎大村方面から来るとハウステンボスの前で左折で入りやすいですが、佐世保市内方面から来ると右折でなかなかは入れません。

 

ハウステンボスの渋滞の1つはこの右折が出来ないからだと思います。

 

ただ、時間をかけてハウステンボスで見る花火は格別ですよ。