40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

胸を大きくする方法とは?大きくならない原因と理由をしろう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ふっくらで柔らかそうなバストは、女性らしさの象徴。

 

男性からは、柔らかそうで豊かなバストは、女性としての性的魅力も上げてくれます。

 

また、女性からは見ても魅力的に感じますし、胸の小さい事に悩んでる女性からすれば、羨ましくもあります。

 

その想いは幾つになっても、抱き続け、勿論、40代になっても、胸を大きくしたいという願望は消えません。

 

 

胸が小さい事がコンプレックスだという女性は意外に多い

f:id:xjohnny:20190415103431j:image

豊かで柔らかそうなバストは男性から見ても女性から見ても魅力的に感じるものです。

 

 

男性はともかく、女性がなぜ、同性である女性のバストが魅力的に感じ羨ましく思うのか…。

 

それは、胸が小さい事に悩む女性が意外に多くいるからなんです。

 

 

胸の大きさはやはり遺伝が関係するのか?

 

自分の母親を見て、あまり胸が大きくなく、自分も小さい…となれば、これは絶対100%遺伝だ!!と諦めていませんか?

 

確かに、胸の大きさに遺伝が全く関係していない訳ではありません。

 

が、しかし、100%遺伝だけで、胸の大きさが決まる訳でもありません。

 

 

胸の大きさを決めるメカニズムを知る事がコンプレックスを改善する近道

 

遺伝だけが胸の大きさを決める訳ではない!

 

ちょっと望みが出てきたのでは?

 

胸の成長に関係するメカニズムを知れば、100%遺伝ではないと分かります。

 

なので、まずは、胸の成長のメカニズムを知りましょう。

 

そうする事により、コンプレックスが改善され、憧れの豊かで柔らかそうなバストを手に入れる方法も分かり、貧乳から抜け出す事が出来ます。

 

成長に関係するメカニズムとは……

 

胸が大きくなる仕組みの事。

 

その仕組みは、女性の胸全体の約1割が乳腺、約9割が脂肪なんです。

 

ほぼ、胸は脂肪だから、物凄く柔らかな感触になるんですね。

 

胸の約1割の乳腺は、女性ホルモンとの関係が強いんです。

 

女性は、10歳ごろから、女性ホルモンの分泌が盛んになると言われています。最近では成長が早くなってきていますが、大体この10歳前後でしょう。

 

この時期に、エストロゲンという綺麗ホルモンと言われる女性ホルモンが分泌され、乳腺が増殖していきます。

 

 

また、この時期に、女の子から女性らしい体、女性らしい胸になっていきます。

 

という事は、胸が小さい女性は、この「乳腺」が発達してないという可能性があります。

 

 

乳腺が発達しにくい原因とは?

f:id:xjohnny:20190415103442j:image

 

胸が小さい原因として、遺伝や女性ホルモンの分泌量、日々の生活習慣などがあります。

 

 

その3つの原因が、乳腺をうまく発達できくさせるのでしょうか?

 

 

実は、遺伝体型やホルモンの分泌状況などに、遺伝が大きく関係してます。

 

 

しかし、

 

母親のバストが大きくても、娘もバストは小さいという親子や、またその反対の親子も沢山います。

 

確かに、遺伝はバストの大きさに関係しますが、それが全てではありません。

 

それはなぜか?

 

母親の生きてきた時代と娘の生きてきた時代は同じ環境ではないからです。

 

どういう事かというと、つまり、時代によって食生活などいろいろ日々変化しています。

 

胸の大きさは確かに遺伝も関係しますが、それ以外にも、日々の生活習慣によっても左右される可能性もあるという事。

 

バストアップは日々の生活習慣を見直す事が大切

 

 

乳腺の発達には、女性ホルモンが関わっていると先程言いましたが、実は、その女性ホルモンは、日々の食生活や睡眠など、生活習慣の影響に敏感に反応し、不規則な生活や偏った食生活などにより、スムーズに分泌ができなくなってしまう可能性があります。

 

つまり、健康な生活を心がける事が、女性ホルモン分泌をスムーズにし、結果、胸の形成にと繋がっていく訳です。

 

つまり、若い子だけではなく、女性ホルモンをきちんと補う事で、幾つになってもバストアップは可能だという事。

 

 

生活習慣や食生活の見直しをする事がいつまでも輝く綺麗な40代女性になれる

 

f:id:xjohnny:20190415103451j:image

 

生活習慣や食生活、睡眠など、女性ホルモンの分泌には大切だという事が分かりました。

 

それ以外にも、40代女性には嬉しい事に、女性の体全体に嬉しい事があります。

 

しっかり、栄養や睡眠をとる事で、体中の細胞が正常に働く事が出来、胸を支える筋肉も発達します。

 

つまり、40代にとっては悩みのバストのたるみも解消してくれます。

 

胸を支える筋肉だけではなく、体全体の筋肉を鍛えやすくなり、猫背で姿勢が悪くなっていても、改善さやすくなります。

 

実は、猫背は、体全体の血行が悪くなり、バストに栄養が届きにくくなり、バストアップの妨げになるほか、浮腫みなどの症状に悩まされてしまう可能性もあります。

 

さらに、猫背は前屈みで、胸をしっかり張っていないので、胸が小さく見えてしまうんです。

 

 

過度なダイエットは胸が小さくなってしまう

 

女性憧れのファッションモデルやパリコレに出てる世界的にも有名なモデルのスラッとした体型は、女性の憧れですよね。

 

しかし、モデルさんに胸が大きい人ってあまり見た事ないですよね?

 

やはり、モデルさんは自分の体を使っていかに服の良さを伝えるのが主な仕事です。

 

ですから、モデルさんは、過度なダイエットをする事で自ら胸を小さくしてしまっているかもしれません。

 

 

そのトップモデルに憧れて、スレンダーな体を手に入れる為に過度なダイエットをしていると、自ら、胸を小さくしていく事になります。

 

 

なぜなら、胸の9割は脂肪なんですから。

 

 

ダイエットは、脂肪を落として、痩せていくんですよね。

 

つまり、胸も脂肪なので、ダイエットする事で小さくなる可能性があります。

 

また、逆に、全体的にふっくらとしている体型の女性は、胸もある程度の大きさがありませんか?

 

今や、女性たちはモデルのようなスラッととした体型に憧れ、日々ダイエットの繰り返し。

 

脂肪率が低く、胸も小さくしていってます。

 

もしたしたら、バストが小さいと悩んでる方、自ら過度なダイエットや不規則な生活でバストアップができない環境にしているのでは?

 

 

 

バストアップ出来ない原因と理由とは?

 

胸の大きさには遺伝が関係します。

 

しかし、遺伝だけではありません。

 

自分自身の生活習慣も大きく関係してきます。

 

胸は乳腺の発達次第で大きさが変わってきます。その乳腺を発達させる為には、女性ホルモンが必要不可欠なんです。

 

その女性ホルモンには、遺伝が関係してきますが、それ以外にも、生活習慣や食生活、睡眠の質などが大変重要になってきます。

 

不規則な生活や寝不足、乱れた食生活を続ける事で、女性ホルモンの分泌がスムーズにされなくなり、それ以外にもバランスが崩れて体の不調も出てきます。

 

 

また、過度なダイエットも女性ホルモンの分泌の妨げになるほか、胸の9割は脂肪な為、自ら胸を小さくしてしまってる可能性があります。

 

バストアップをしたいのであれば、女性ホルモンの分泌をスムーズにし、筋肉をしっかり鍛えるダイエットを行う事が大切です。

 

適度に筋肉のついた健康的なスリムであれば逆に胸の大きさが目立つのですが、過度なダイエットは体じゅうの脂肪をなくします。