40代主婦のkokoのところ

30歳40歳過ぎても綺麗な人でいる為のブログ

40代女性の汗が酷いのはなぜ?意外と簡単!汗かき改善方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アラフォーになって、もしくはその前から悩んでいませんか?

自分が他人より汗をかく…汗っかきではないかと。

 

汗っかきで何が嫌かというと、脇の下や背中が汗をかいて衣服が濡れてたり、手汗で湿っていて手を繋ぐ事が億劫になったり、足の裏が湿って靴を脱ぐと臭いや足跡がついたりと特に女性は恥ずかしく困ってしまう事ばかり。

 

また、汗臭さも気になりますよね。

 

真夏だけに限らず、真冬も汗っかきで悩まされていませんか?

 

その貴方の汗っかきの原因は実は、神経が関係している可能性があるんです!

 

汗っかきと密接な関係があるものとは…

 

f:id:xjohnny:20190125102148j:image

汗は、汗腺から出てくるのですが、この汗腺の数は実は3歳ぐらいには決まってしまうと言われています。

 

皮膚の1平方センチメートルに130個から600個存在していて、かなりの個人差があります。

 

汗かきなのは、汗腺が多いから…という理由だけで汗かきの原因にはなりません。

 

実は、汗かきと密接な関係があるのは、自律神経なんです。

 

 

汗かきと自律神経の関係

 

汗かきが密接に関係があると分かってきたのが、自律神経です。


自律神経というのは、自分の意思で動かすことができません。

 

自分で意識しない、呼吸や消化などの部分の神経を管理しているのが自律神経です。

 

自律神経には2種類あります。

 


1つめは、起きている時や興奮している状態の時に働く交感神経。

 

2つめは、眠っていたりリラックスしている時に働く副交感神経。

 

この2つの自律神経がどちらかが働いている時にはどちらかが休息しているという反比例な関係なんです。


正常な時は、この二つの神経がお互いにバランスをとることで自律神経が整い健康に過ごすことができます。

 

しかし、何らかの原因で、バランスが崩れる事で、汗かきの原因にもなります。

 

自律神経が乱れてしまう原因とは?

 

自律神経のバランスが崩れてしまう原因とは一体どんな事でしょうか?

 

それは、環境や生活リズムの乱れ、つまり、不規則な生活や乱れた食生活。

 

それに加えて現代社会はストレス社会と言われる程、ストレスを抱えてる方が多いです。

 

このストレスが原因で、この自律神経がうまく切り替わらない状態に陥っている人も多いようです。

 

 

最近、体が怠い、やる気が出ない、体調が悪いという理由で病院など受診すると「自律神経失調症」と診断を受けることもあります。

 

 

自律神経の乱れが汗かきの原因

 

先程も言ったように、汗かきも、自律神経の乱れの症状の1つになります。

 


汗をかくというのは緊張や不安、ストレスといった精神的に刺激を受ける事により、交感神経が働きます。

 

よって汗をかくという症状が起こっているんです。

 

通常であれば副交感神経が働きリラックスモードになれば、汗も治まるのですが、

 

精神的ストレスなどを受け自律神経のバランスが乱れてると、交感神経ばかりが活発になります。


そうなると、特に暑いわけではないのに汗が尋常ではないくらいでてきます。

 

誰もが経験する、緊張して汗をかいたというのは、自律神経の交感神経の仕業です。

 

最初に言った自律神経は自分でコントロールする事が出来ません。

 

そして、汗をかいたらどうしようと考えることにより、それがストレスになり緊張につながります。

 

そうなると、ますます汗かきに拍車をかけてしまい、悪循環になってしまいます。

 


自律神経の乱れによる汗かきを改善するには

f:id:xjohnny:20190125102204j:image

汗かきを改善するのに大切な事。

 

 

それは、自律神経の乱れを整える事。

 

その為には、まず生活習慣を見直す、食生活を見直す、うまくストレスを解消する方法を見つける…という事が重要になります。

 

食材で自律神経の乱れを整える

 

自律神経を整えてくれる作用のある食材を積極的に食べる事も良いと思います。


タウリン大豆イソフラボンといった栄養素は、自律神経の乱れを整える効果があるため、精神的に食生活の中に取り入れましょう。

 

また、自律神経の乱れを整えるのに朝日を浴びるというのもよく聞くと思います。

 

起きてすぐ、カーテンを開け朝日を浴びる事で副交感神経から交感神経の切り替えをスムーズにします。

 

医療機関に相談する


食生活や生活習慣の改善をしながら、それと並行して医療機関に相談する事も良いと思います。

 

医療機関に相談すると、ビタミンやホルモン剤、また、症状に合わせて、漢方や精神安定剤や直接神経に働きかてて安定促す薬などが処方してくれます。

 


またあまりにひどい症状である場合には手術をという症状改善方法もあります。

 

自分の症状に合わせていろいろ改善方法を選ぶ事も大切です。

 

 

汗かきは自律神経の乱れが原因で起こっていない場合も

 

自律神経の乱れで汗かきの症状が出る事は分かりました。

 

ただ、汗かきと一言で言っても実は、全部が全部、自律神経の乱れによって起こっているとは限らないんです。

 

もしかすると、大きな病気の一つの症状である可能性もだってあります。

 

特に自律神経は他の身体の部位にも大きく関わっています。

 

まずは、日頃の生活の乱れや食生活の乱れを改善し、ストレスをうまく発散する事が大切。

 

しきさ、うまく生活の改善が出来たのにも関わらず、汗かきが改善されない場合は、医療機関を受診して、適切な治療をしてもらいましょう。

 

まず、汗かきで受診するならば、皮膚科がオススメです、もしくは、内科でも良いと思います。