40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

旦那との夫婦生活に不満な妻へ!愛される体になって抱きたい本能を刺激するコツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性は女性を「抱きたい」という気持ちになるのは、約8割ほどが視覚からの情報なんです。

つまり、見た目だという事。

 

そうなると、旦那にいつまでも自分の事を見てもらう為には容姿に気を使う事が大切だという事になります。

 

旦那の心を離さない為には、魅力的な体でいること、容姿にも気を使う事も大切。

そして、旦那に対して優しいおおらかな心が必要だという事。

 

それが必然的になります。

 

夫に愛想尽かされる女性とは?

 

結婚して毎日一緒に暮らしていると、最初はその暮らしが新鮮で楽しくてたまらない日々が続くのですが、時が経つにつれて、空気のような存在になってきます。

 

側にいるのが当たり前の存在。

 

 

特に、子供が生まれると、家族になってしまい、大切な存在には変わりはないのですが、違う大切な存在になり、異性と思えなくなってきます。

 

でも、男性は歳を重ねても男性。

 

美しい、色気のある女性が嫌いな人はいません。

 

現に加藤茶さんなどは、かなりの歳の差で結婚されましたし、年配の男性が若い綺麗な女性といる光景はよく見ます。

 

それが、夫だから、結婚しているから他の女性や、若い綺麗な女性への下心なんてないと思っていたら間違いです。

 

そんな、結婚してる、妻がいるからという理由で美しい女性好きの気持ちが無くなっている訳ではありません。

 

 

特に妻自身が、結婚当初に比べると体型がかなり変わった、着る服も全く気にしない、ヘアースタイルも気にしないなど気を抜いて生活をしていると、旦那に愛想尽かされるだけではなく、女性としてみてもらえなくなり、自然と他の女性に気がいってしまう事もあるかもしれません。

 

 

美人より体型、スタイルが抱きたい本能を左右させる

 

男性が「抱きたい」という本能は、80%が視覚情報だという事を先ほど書きましたが、その時見られるのが、肌の艶、髪、スタイル、唇など。

 

意外に綺麗な顔よりも、スタイル抜群の魅力するボディに目がいきます。

 

 

 

一般的に男性は、しなやかな丸みのあるボディライン、その上、キュッと引き締まったウエストとキュッと上がったヒップを本能的に好む傾向はありますが、

 

男性にはそれぞれ好みがあります。

 

貴方と結婚したという事は、結婚当初は旦那の好みの容姿、もしくは好みに近い容姿だったんだと思います。

 

 

それが、結婚して、体型、容姿に変化があったならば、視覚からの抱きたい本能は少なからずなくなるかもしれません。

 

 

すると、夫婦生活も自然となくなります。

 

 

夫に愛される体とは

 

一般的に男性から愛される体とは、適度な肉好きでトータル的にバランスの取れたスタイルです。

 

例えば、

 

「ウエスト:お尻」の美の比率が

 

「7:10」の割合で最も綺麗に見えると言われています。

 

ガリガリに痩せていたり、ちょっとおデブさんだったりするとそのフェチの男性以外からは、あまり抱きたいと思う事はないという事。

 

結婚当初は愛されボディだったのが、ちょっとおデブさんに変身していたとしたら、妻を抱きたい本能はやはり減ってしまうのは仕方ないです。

 

 

なので、いつまでも旦那が抱きたいと思う体づくりをしていかないといけません。

 

 

xsenna.hatenadiary.jp

 

 

 

一緒にボディケアも忘れずに

 

 

たとえ、スタイルが良くても、お肌がガサガサでは意味がありません。

 

旦那がつい触れたくなるような艶々モチモチのお肌になるように、お手入れも大切です。

 

が、やはり、主婦は毎日が忙しく、自分にかまっている時間がないのが現実。

 

ついつい、自分の事を後回しにしてしまい、なりたくなくなくてもズボラ主婦になってしまいがち。

 

私もそうでしたから。

 

 

だから、私は、特にお肌のお手入れなどは、子供の体にベビーボディクリームをぬってあげるついでに、そのまま自分にもぬったりしてました。

 

また、脱衣所にボディクリームを置いておいて、お風呂上がりにサッとぬったり。

 

それだけで、お肌は全然違いますよ。

 

 

時間がない主婦は何か家事をする合間や家事をしながらする事をオススメです。

 

 

 

体を引き締める運動

 

 

1番良いのはウォーキングです。

 

日頃歩かない人は30分程のウォーキングを続ける事で、お腹、ウエスト、足などが痩せていきます。

 

そして、スクワット。

 

太ももの筋肉は1番大きい為、この筋肉を鍛える事によって、効率よく新陳代謝が上がり、脂肪を燃焼します。

 

ただ、スクワットをする時の注意。

 

必ず足は肩幅に開く事。

 

つま先は前を向いてる事。

 

スクワットする時、膝がつま先より前に出ない事。

 

ゆっくり行う事。

 

 

スクワットは、わざわざ時間を取らなくても、歯を磨きながら、茶碗を洗いながら、など家事をしながらの「ながらスクワット」をする事によって、毎日続けていけると思います。

 

 

いつまでも旦那に愛される奥様でいれるよう早速、実行していきましょう。

 

 

 

xsenna.hatenadiary.jp