40代主婦のkokoのところ

30代40代女性が厳しい現実の中でも綺麗で魅力的な女性になる為の秘訣

アラフォー女性が綺麗になる為に必要不可欠な栄養素があるって知ってた?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

毎日浴びている紫外線、日々の生活で消費するエネルギー代謝やストレス等は体内に活性化酸素を発生させる原因だとご存知ですか?

 

実はこの活性化酸素は人の体に悪影響を及ぼす厄介者なんです。

 

アラフォー女性にとって嫌いな「老化」もこの活性化酸素が関係しています。

 

その厄介な活性化酸素を退治してくれるのが、抗酸化成分と言われるもので、ビタミン、ポリフェノール等があり、有名ですよね。

 

 

しかし、そのビタミンやポリフェノールより抗酸化成分が多く含まれているアラフォー女性が是非とって欲しい栄養素があるんです!


それは、カロテノイドの一種であるアスタキサンチンという成分。

 

このアスタキサンチンの凄いところは、ビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化成分があるという事。

 

アスタキサンチンってあまり聞いた事がない人、知っているけど、どんな効果があるのか知らない人にこのアスタキサンチンがどれだけアラフォー女性にとって素晴らしいものかご紹介します。


アスタキサンチンとは

f:id:xjohnny:20181213172516j:image

まず、アスタキサンチンとは一体何ですか?という事ですが…

 

アスタキサンチンは、天然に存在する赤いカロテノイドの一種です。


このアスタキサンチンが最初に発見されたのは、ロブスターからで、ロブスターの別名で「Astacus」から名づけられたと言われています。

 

自然界には750種類以上もあると言われるカロテノイドは、緑黄色野菜等の植物に含まれています。


ですが、アスタキサンチンは魚など、甲殻類に含まれ、「海のカロテノイド」と呼ばれています。

 

サケが産卵のため、必死に川を上ってくるのは誰もが知っていると思います。


この、川上りをするサケの肉体的ストレスで発生した活性酸素を除去してくれるのは、この成分のおかげなんです。

 

とにかく、抗酸化力が強いので、紫外線から皮膚を守ってくれたり、太陽光からの肌の老化を防止する作用があります。

 

なので、女性に嬉しい美白や美肌の効果があるんです。

 

 

ダイエットで運動してる女性の強い味方

 

 

ダイエットで筋トレや運動をすると体の中には乳酸の発生します。

 

アスタキサンチンは、その乳酸を抑制してくれて、尚且つ脂質のエネルギー代謝のサポートをしてくれます。

 


そして、アスタキサンチンの高い抗酸化作用で筋トレなどでの筋肉の損傷も防いでくれます。

 

また体内の隅々まで入り込める性質なので、ブロックされやすい脳の入り口の関門も通過し、
脳の中でも抗酸化力が期待できます。

 

 

そのため、隅々まで入り込むので、眼精疲労や眼病予防にもなります。

 


目に良いと言われるルテインとの違いとは?

 

近年、スマホやパソコンを良く見る機会が多くなりました。

長時間見続けていると、ピントが合わない…という症状はないですか?

 

それは、目の毛様筋という部分が硬く緊張してきているからです。

 

ある実験で、眼精疲労に悩まされる方にアスタキサンチンを約1か月飲んでもらった結果、調節機能が改善した、つまり、ピントが合わないくなったという症状がなくなったという結果が出ています。

 

アスタキサンチンは、抗炎症作用にも優れています。


なので、ブドウ膜炎にも効果があります。

 

さらに加齢黄斑変性症や緑内障などの治療にも効果があるそうです。

 

一般的に、目にいいのは、ルテインというのが有名ですが、目にはパソコンやスマホなどの青い光が大敵。


なぜなら、目の中に活性酸素を多く発生させてしまうからです。

 

ルテインは目の水晶体や黄斑部に存在していて、抗酸化作用で目を活性酸素から守ってくれて青い光を吸収する働きがあり、目がダメージを受けないように予防する働きがあります。

 

そして、アスタキサンチンは、ルテインと同じ働きプラス抗酸化作用で、ダメージも回復する効果があるんです。

 

予防にはルテイン、ダメージを回復するなら、アスタキサンチンという事です。

 


勿論、症状が出たら医者に行く事も大切です。

 


アスタキサンチンを多く含む食材

f:id:xjohnny:20181213172536j:image

アスタキサンチンが多く含まれる食品は、サケやマス、キンメダイ、タイ、メバルイクラにも多く含まれています。


また、カニやエビにも豊富に含まれています。

 

 

しかし、普段の食事から摂取するには、やはり手軽なのが、サケが一番です。



ただ、産卵前のサケは、イクラアスタキサンチンをとられて赤みが薄いようです。

 

人間が妊娠して、母親の栄養が赤ちゃんに吸い取られるのと同じですね。

 

また、アスタキサンチン脂溶性のカロテノイドなので、油と一緒に調理すると吸収されやすいです。

 

サケはグリルで焼くよりフライパンでムニエルにした方がいいですよ。

 


しかし、食事で毎日、アスタキサンチンを摂るのは大変ですよね。


アスタキサンチンは、サプリメントも販売されています。

 

手軽さを考えるのなら、サプリメントを利用するのもいいでしょう。



 

体に良くない活性酸素を退治するアスタキサンチン


若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つこのカロテノイドは、美肌には欠かせない紫外線のダメージする効果があります。

また、美肌だけではなく、目や脳にまで入りこんで活性酸素から守ってくれます。

 

アラフォー女性に嬉しいアンチエイジングに効果があるアスタキサンチンはサケやオキアミ等からたっぷり摂ることができます。

 

サケの身は赤ければ赤い方がよりアスタキサンチンが豊富です。

 

時間のない人ならアスタキサンチンサプリメントで補うことができます。

 

いつまでも、若々しく綺麗でいるなら、アスタキサンチンは是非、摂取したいですね。